SSブログ
前の10件 | -

牛飼いの歌

 南フランスのラングドック地方に,中世後期,アルビジョワ十字軍が終わった頃から歌われ始めたという謎めいた民謡があります.オック語で "Lo boièr (Le bouvier)"「牛飼い(あるいは,貧農)の歌」という歌です.多少の異同はあるものの,オック語では大体次のような歌詞だそうです.アルビジョワ十字軍で滅亡させられた中世最大の異端カタリ派の暗号であったが,奇怪な母音のルフランを含めて,もう誰もその意味を知るものはないそうです.

Quand lo boièr ven de laurar (bis)
Planta son agulhada
A, e, i, ò, u !
Planta son agulhada.

牛飼いが仕事から戻り,牛飼いが仕事から戻り,
鋤を突き立てた,
ア・エ・イ・オ・ウ
鋤を突き立てた.

Trapa (Tròba) sa femna al pè del fuòc (bis)
Trista e (Tota) desconsolada...

妻が火のそばにいて,妻が火のそばにいて,
悲しみ憔悴していた,
ア・エ・イ・オ・ウ
悲しみ憔悴していた.

Se sias (Se n'es) malauta diga z-o (bis)
Te farai un potatge (una alhada).

病気なのなら言ってくれ,病気なのなら言ってくれ,
ポタージュを作ろう,
ア・エ・イ・オ・ウ
ポタージュを作ろう.

Amb una raba, amb un caulet (bis)
Una lauseta magra.

カブとキャベツと,カブとキャベツと,
やせたヒバリで,
ア・エ・イ・オ・ウ
やせたヒバリで.

Quand serai mòrta enterratz-me (rebomb-me) (bis)
Al pus fons (Al prigond) de la cròta (cava)

私が死んだら私を埋めて,私が死んだら私を埋めて,
地下室の床に,
ア・エ・イ・オ・ウ
地下室の床に.

Los pés virats (Met-me los pès) a la paret (bis)
La tèsta a la rajada (Lo cap jos la canela)

足を壁に向け,足を壁に向け,
頭は蛇口に向けて,
ア・エ・イ・オ・ウ
頭は蛇口に向けて.

Los pelegrins (E los romius) que passaràn (bis)
Prendràn d'aiga senhada.

巡礼者がやって来て,巡礼者がやって来て,
聖なる水を取るだろう.
ア・エ・イ・オ・ウ
聖なる水を取るだろう.

E diràn « Qual es mòrt aicí ? » (bis)
Aquò es la paura Joana.

そして『ここに埋葬されているのは誰ですか』と聞くだろう,
そして『ここに埋葬されているのは誰ですか』と聞くだろう,
それは哀れなジャンヌだ.
ア・エ・イ・オ・ウ
それは哀れなジャンヌだ.

Se n'es anada al paradís (bis)
Al cèl ambe sas cabras.

彼女は天国に行った,彼女は天国に行った,
雌ヤギを連れて天に昇った,
ア・エ・イ・オ・ウ
雌ヤギを連れて天に昇った.

現代フランス語訳は次の通りだそうです:
Quand le laboureur revient de labourer (bis)
Il plante le soc de sa charrue (l'aiguille) / ou son aiguillon
A, e, i, o, u !
Il plante le soc de sa charrue / son aiguillon.

Il trouve sa femme auprès du feu (bis)
Triste et affligée...

Si tu es malade dis le moi (bis)
Je te ferai un potage.

Avec une rave, avec un chou (bis)
Une tranche de lard maigre ( 'lauseta' veut également dire 'alouette' ).

Quand je serai morte enterrez-moi (bis)
Au plus profond de la cave

Les pieds tournés vers le mur (bis)
La tête sous le robinet (du tonneau)

Quand les pèlerins passeront (bis)
Ils prendront de l'eau bénite.

Et diront « Qui est mort ici ? » (bis)
C'est la pauvre Jeanne.

Elle est allée au paradis (bis)
Au ciel avec ses chèvres.

どこか不気味で,胸に染み入るような哀愁のあるメロディーです.合唱でシンセサイズしてみました.

https://youtu.be/GGuzNYHQum4

色々美しい編曲が公開されています.しかし The Oxford Trobadors の演奏がリアルなのだろうと思います.

https://www.youtube.com/watch?v=NhFAkrWXeMM

爆破予告

 「5月24日午後0時29分に千葉大学及び千葉県警本部を爆破する」というメールが届いたと,千葉県警から連絡があり,千葉大では直ちに園児・生徒・学生と職員を構内から退避させ,構内立ち入り禁止,3限以降の授業を休講としました.幸いにも何事もなかったようであります.16時以降構内立ち入り措置は解除されました.
 昨年9月にも同様の事件があったばかりです.世相が荒んでいるのは心配です.

 大学の公式発表は以下の通りです:

**********

千葉大学に対する爆破予告とその後の対応について
掲載日:2021/05/24

 本日11時頃、千葉県警察本部より「5月24日午後0時29分に千葉大学及び千葉県警本部を爆破する」という内容のメールがあった旨の情報提供がありました。

 ただちに、学内の学生、生徒、児童、園児、教職員等を学外に退避させるとともに、外部から大学構内への立入りを禁止し、その上で、警察と連携のもと、大学構内の不審物の確認、不審者への警戒及び警備の強化を実施しました。

 その後、爆破予告時刻において爆発等の発生はなく、敷地内にも特段の異常がないことが確認されましたので、本日16時00分をもって立入制限措置を解除しました。

 なお、本日の授業については午後から終日休講とし、課外活動については明日朝までの全ての活動を禁止しました。

 今回の事案について、引き続き警察と連携しながら、必要な措置を講じてまいります。

https://www.chiba-u.ac.jp/others/topics/info/post_981.html


コナンめがね

 つい「コナンめがね」を買ってしまい,授業ビデオにサブリミナルのようにちょこっと入れておいたらどうだろうか,注意力試験のようなことをしてみたらどうだろうかと思っていたら,やれるもんならやってみたら良いじゃないですか,どうせ無視されるのが関の山なんだから,と若い同僚に罵倒されました.あきらめきれない!

IMG_1948 (1).JPG

IMG_1949.JPG

相変わらずお菓子

 巣ごもり生活のせいなのか,通販の利用に拍車がかかったような気がします.SNSで今まで知らなかった地方名産のお菓子を紹介されると,ついアマゾンで探します.
 北海道の一部では有名な「大嘗飴」というのは,昔懐かしい素朴な麦芽糖の風味と,これも懐かしい,割って食べるような大きさの飴でした.またとても堅いもので,噛んではならない,歯が折れますという注意を受けましたが,大げさではないらしい.現に紹介してくれた北海道出身の知人は,久しぶりに口にしたこの飴を子供の頃のように噛んだせいで,あっという間に歯の詰め物が2つ抜けたそうです.

142347660_3575846129158644_7452746933881137225_n.jpg

 別の知人からは,九州南部で広く行われているというハレの食べ物「あくまき」(「灰汁巻き」らしい)を紹介されました.たっぷりときなこをかけていただきます.「ゆべし」とか「ういろう」とか「すあま」とか,こういう食感のものは好物なので,喜んで賞味いたしました.が、何しろ純粋に餅米からできているので,一本が相当なボリュームであり,別にボリュームは驚きませんが,ただでも巣ごもりで増えた体重のためには良いものではなかったようです.

IMG_1936.JPG

IMG_1937.JPG

 そうそう,そういえば,ドイツの知人が送ってくれたモーツアルト・クーゲルが,こんなに洗練されていて驚きました.美味しいのですが,かえって物足りない気さえしました!

IMG_1917.JPG

IMG_1918.JPG

松村禎三作曲「TOMORROW 明日」

 現代日本の作曲家の作品には興味も関心もあり,好きな作品もたくさんあります.昔は視聴の機会を得ること自体が難しいものでしたが,近頃はCDも多く出され,何よりネット上で音源に触れることが比較的容易になりました.けれども,大作曲家たちが映画のために作った音楽は,伊福部昭の『ゴリラ』など少数の例外を除けば,サウンドトラックのCDすらなく,「使い捨て」られていくのがなんとも残念です.
 みなさん亡くなってしまいましたが,作家の井上光晴(1926 - 1992)の『明日―1945年8月8日・長崎』(1982)を,映画監督の黒木和雄(1930 - 2006)が「戦争レクイエム三部作」の第1作「TOMORROW 明日」として映画化し(1988),この音楽を作曲家の松村禎三(1929 - 2007)が作曲しました.原作も映画も音楽も好きなのですが,松村禎三の音楽の音源がなかなかありません.旋律というものはこういう風に考え抜いて構成するものなのだというお手本のような作品で,こんこんと湧き出るような静かな悲しみが胸にしみます.その昔「原爆文学」の連続講義をした際に,まだネットも発達していなかった時代だったので,原作と共にぜひこの松村の音楽も紹介したいと思ったのですが,音源を探すのに苦労した覚えがあります.
 現代日本の作曲家による弦楽オーケストラ作品を精力的に演奏している「オーケストラ・トリプティーク」が,松村の「TOMORROW 明日」を演奏会で取り上げ,CDにもし,ネットにも公開しています.

https://www.youtube.com/watch?v=500USOktnDU&list=RD500USOktnDU&start_radio=1

 無知で恥ずかしいのですが,こういう曲は,楽譜も出版されていないのでしょうか.「ペトルッチ楽譜ライブラリー」で古い楽譜を探すと,ちょくちょく手稿に行き着くのですが,昔の時代だからと言っていられないのかもしれません.今は楽譜ソフトが発達したので,埋もれた曲の楽譜を「刊本」にする,青空文庫のようなプロジェクトがあるべきかと思います.

Arthur Lourié: Cinq Préludes Fragiles

 忙しいときにこんなことしちゃったんですけど,ルリエの「こわれそうなプレリュード」全5,ストリングス版に編曲・シンセサイズしてアップしました.

https://youtu.be/AOz5tyHI-B8

 授業で使いたくて,Ernest Bloch: Baal Schemの楽譜を眺めていますが,コンピュータ音楽にするのは,私の力では無理なようです.ーーーところで,音楽家のErnest Bloch (1880 - 1959) を検索すると,間違えて哲学者のErnst Bloch (1885 - 1977) の写真が使われているサイトが複数引っかかります.活躍した年代も同じだし,名前も似すぎていますものね.

 ちゃんと原稿を書いたり,授業準備をしたりします.

まの瀬『顔がこの世に向いてない。』

 新学期が始まって,落ち着かない日々が続きます.あっという間にゴールデンウィークが目前です.

 余裕のない毎日ですが,良い作品に出会えました.「ジャンプルーキー」から認められて本紙連載にデビューした,新進気鋭の漫画家,まの瀬『顔がこの世に向いてない。』(ジャンプコミックス・全3巻)には,本当に心打たれました.いわゆるラブコメで,少々誇張気味に描かれてはいるけれど,ルッキズムに痛めつけられ,自分を見失いそうになる関東地方の高校生たちが,必死になってもがきながら,自分の進むべき道,友愛と信頼を取り戻していきます.幼いが真剣な理屈っぽさが横溢していて,それがとても初々しく,愛おしい.主人公の少年がトンネルをくぐり抜けながらこれまでの経験を振り返り,人生の岐路に立ち向かう決断をする場面は圧巻でした.私は古い世代ですから,連想したのはアニメ『ホルス』の名場面「迷いの森」でした.誠実さ,志の高さ,品格が争いようもなくにじみ出てきます.まの瀬さん,どうもありがとう.このかわいらしい登場人物たちと共に,まの瀬さんがますます活躍されることを期待しています.


葉柳和則(編著)『ナチスと闘った劇場』

 葉柳和則(編著)『ナチスと闘った劇場 精神的国土防衛とチューリヒ劇場の「伝説」』(春風社,2021)を,共著者の市川明先生を通じて御寄贈戴きました.ありがとうございました.

IMG_1922.JPG

 ナチスに追われた亡命演劇人を起用し,ナチスに焼かれた作品を上映し続けた伝説の「チューリヒ劇場」を多面的に明らかにする重厚な共同研究の成果です.

 市川先生ご無沙汰しております.定年後もますますご活躍で,まぶしいばかりです.こういうものも紹介して下さいました.

『Musical 地下鉄1号線 The new world』
原作:フォルカー・ルートヴィヒ「Line1」より 
翻訳・台本:市川明(大阪大学名誉教授)
翻案・演出:中立公平  
作曲・編曲・指揮: 西村友

撮影:2021年3月20日(土)天王寺公園

https://www.youtube.com/watch?v=kB6j9TeQyXo

「中高ドイツ語における心態詞としての doch 」「データサイエンス教育の一環としてのコンピュータ音楽入門」

 授業が始まっててんやわんやです.学生の皆さんにすぐに対応できなくて申し訳ありません.年度末にばたばたとまとめた論文が公開されました.恥ずかしいものですが,お知らせします.

石井正人:中高ドイツ語における心態詞としての doch について.
千葉⼤学⼈⽂公共学府 研究プロジェクト報告書 第 364 集『⽂化交流研究』 pp. 1-12、2021 年

https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/109539/364-P001.pdf

石井正人:データサイエンス教育の一環としての「コンピュータ音楽入門」
―ニューラルネットワークを用いた歌声シンセサイザーNEUTRINO を使って.
千葉大学人文公共学府 研究プロジェクト報告書 第 362 集 『高等教養教育研究』pp. 1-28 2021 年

https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/109537/362-P001.pdf


土田知則先生、さようなら

 本日2021/03/31をもって土田知則先生が定年で千葉大学文学部を去られます.コロナ禍のせいで,最終講義もなく,記念のパーティもないお別れでした.
 僭越ながら私が,みなさまを代表して「土田先生を送る」という一文を紀要に寄稿いたしました.以下に再掲いたします.

**********

 2021年3月をもって土田知則先生が定年で本学を去られることになりました.お世話になった文学部教員の後輩の一人として,一言お別れの言葉を述べます.

プルースト研究と現代文芸理論研究,そしてポール・ド・マン研究をテーマとした重厚な業績で高く評価され,学会において確固たる地位を築いている研究者としての土田先生について,門外漢の私ごときがとやかく申し上げる筋合いは御座いません.土田先生のような立派な研究者を同僚に持つということは,それ自体私にとっての大きな誇りであったし,正直に白状しますが,それに加えて色々な疑問をすぐ気安く土田先生のような大学者に質問できるというのも実にまた大きな利点でありました.
 「非ナチ化と現代文化」というテーマはどんな専門分野に携わっていようと避けて通れないものだと思います.私もドイツ語教員のはしくれなので,私にとってもこれは身近なテーマです.土田先生のポール・ド・マン研究は,ポール・ド・マン事件を中心に,この「非ナチ化と現代文化」という問題に関する最新の議論とその成熟度を学ぶために,つきぬ源泉となっています.
 また土田先生は,自分の研究だけに閉じこもる人ではなく,難解な現代文言理論研究の成果を,学生にも分かりやすい形でまとめてくれたので,卒論で難しい対象に挑もうとする学生と,その学生を指導しかねて立ち往生する私とにとって,どれだけ助けになったか分かりません.
 倦まず弛まず研究を続けるその姿勢も,誠実に学生に向き合って丁寧に指導するその姿も,大学教員としては当たり前のことではありながら,なかなか土田先生のように貫けるものではないと,常々この後輩は嘆息しておりました.学生たちも勿論同じ気持ちだと思います.
 そして、土田先生の門下から育って教職に就いている諸君は,何卒この土田先生の教育研究の在り方を忘れず、継承して欲しいと思います.

 けれどもこういう研究者や教育者としての土田先生以上に私が惜別の思いを強く抱くのは,はにかみ屋で引っ込み思案で,繊細で傷つきやすく,やさしくて人の良い同僚としての土田先生であり,いかにもそれらしい洒脱なフランス文学者としての土田先生です.
 土田先生は生来立ち回りが下手だし,派手な身振りも出来ない愛すべき方です.管理業務を任せても,持ち前の真面目さで本当に精一杯こなし,見事に片付けているのを,私は身近に見て知っていますが,良くも悪くも目立とうとしないので,ちっとも評価されない.人ごとながら悔しい思いをしていたのです.余計なお世話で,本人はそれで良かったのかもしれません.
 1981年に千葉大文学部が誕生したときから,1994年に文学部が現在の形に改組されるまで存在した「仏文科」の最後のメンバーが,これで千葉大学からいなくなります.土田先生は,外国語・外国文学系の講座の中で,最も多くの典雅な趣味人,華麗な才人を輩出し,繊細にして儚いダンディズムを誇った仏文科というものの香気を千葉大文学部の中に伝えてくれた,最後の人材であったように思います.  
 1994年の改組で,伝統的な外国語・外国文学の講座は解体され,語学・文学・文化研究に再編成されました.同時に解体された教養部から文学部に拾って貰って移籍してきた私に,旧仏文科の林田遼右先生と土田先生がとても温かく接してくれたのを今でも感謝しています.私が昔使ったフランス語の教科書の著者であり,一生懸命聞いていたラジオのフランス語講座の講師だった林田先生と身近に接することが出来たことも感激でしたが,仏文科の大先生と愛弟子の洒落た交流も眩しいものでした.林田先生と土田先生の学識に触れる機会を得ただけでなく,そもそもあのような場に同席できること自体が得がたい体験なのです.
 趣味と学識が飄逸に調和した,外国語・外国文学研究の古い楽園は失われたのでしょうか.失われたとしても,それは大学を疲弊させた改組のせいでも,人文科学を無闇に憎む偏見のせいでも,コロナ禍のせいでもありません.何があっても卑俗に堕さず,素朴な善良さを失わないでいられる気品が衰退していくのが一番耐えがたい.土田先生をお送りすることが,確かにそこにあった気品ある楽園との永遠のお別れであるような気がして,それが一番悲しいのです.

 土田先生,お世話になりました.本当にありがとう御座いました.お元気で.

前の10件 | -